FC2ブログ

新銀行東京 地銀グループと経営統合へ 2015/05/27

NHK:新銀行東京 地銀グループと経営統合へ

NHK:新銀行東京 地銀グループと経営統合へ

新銀行東京 地銀グループと経営統合の概要
新銀行東京 地銀グループと経営統合について



住信SBIネット銀行









新銀行東京 地銀グループと経営統合の概要



東京都の当時の石原知事の発案で都が多額の出資をし、自治体が初めて設立した銀行、
「新銀行東京」は、東京に本拠を置く地方銀行グループと経営統合し、
傘下に入る方向で交渉を進めていることが明らかになりました。

統合が実現すれば、新銀行東京に対する都の影響力は大幅に低下することになり、
銀行経営への関与から事実上、退くことになります。
関係者によりますと、東京都が議決権のある株式の80%余りを持つ
「新銀行東京」は、東京都民銀行と八千代銀行を傘下に持つ地方銀行グループ、
「東京TYフィナンシャルグループ」と経営統合する方向で交渉を
進めているということです。

具体的には、東京都が持つ新銀行東京の株式と東京TYフィナンシャルグループの
株式を交換し、新銀行東京はこの地方銀行グループの傘下に入る方向で、
詰めの協議を進めています。

経営統合が実現すれば、新銀行東京に対する東京都の影響力は大幅に低下する
ことになり、都は銀行経営への関与から事実上、退くことになります。
新銀行東京は、当時の石原知事の発案で、中小企業を支援しようと都が
1000億円を出資して自治体が初めて設立し、平成17年に開業しましたが、
ずさんな融資で経営危機に陥り平成20年に都から400億円の追加出資を受けて、
経営の再建を進めていました。
最近は景気の回復などで6年連続して黒字を確保していて、都は経営の再建に
一定のめどが立ったことから、経営統合を判断したものとみられます。


▼「新銀行東京」とは
「新銀行東京」は平成15年、東京都の当時の石原知事が選挙公約のなかで、
貸し渋りなどに苦しむ中小企業を救う目的で設立を提唱し、平成17年に都が
1000億円を出資して開業しました。
しかし、融資先の経営実態を十分に把握しないまま融資を増やしたことなどから、
開業まもなくして経営危機に陥り、平成20年に都から400億円の追加出資を
受けて経営再建を進めています。
この結果、ことし3月期の決算まで6年連続で最終黒字を確保しており、現在は
総資産が4300億円余り、中小企業を中心に1880件の貸し出し先があります。
しかし、新銀行東京を巡っては、経営体力の低下や営業網の縮小により、
小規模事業者への貸し出しを十分に行えていないという指摘があることや、都が
投入した多額の税金を回収できるかどうかなど、多くの課題が残されています。
  平成27年3月末総資産 4314億円
  預金量 2615億円
  貸出先数 1881件(うち中小企業1799件)
  純資産 550億円

▼「東京TYフィナンシャルグループ」とは
「東京TYフィナンシャルグループ」は、去年10月に東京を拠点とする
「東京都民銀行」と「八千代銀行」が経営統合して設立されました。
グループの総資産は、新銀行東京の10倍を超える4兆9400億円と、
東京に本店を置く地銀としては最大の金融グループで、貸出残高の80%以上が
中小企業など向けと、中小企業への融資を強みとしています。
しかし、長引く低金利に加えて、メガバンクや信用金庫などとの貸し出し競争が
激しくなっています。
さらに、ほかの地方銀行が首都圏に進出してくる動きが強まる可能性があるなかで、
どのように顧客基盤を維持していくかを課題としています。
  平成27年3月末総資産 4兆9438億円
  預金量 4兆4913億円
  東京都民銀行の総資産 2兆6873億円、預金量 2兆3797億円
  八千代銀行の総資産 2兆2545億円、預金量 2兆1227億円



新銀行東京 地銀グループと経営統合について


新銀行東京が「東京都民銀行」と「八千代銀行」が去年10月経営統合して
設立した「東京TYフィナンシャルグループ」へ経営統合されるとの報道です。

今後地銀の統合話は多くなる傾向にあります。
そのきっかけとなったのは、昨年1月に金融庁長官が地銀トップを前に
「業務提携、経営統合を経営課題とし、今年は答えを出してほしい」と
要請したことだろうと思われます。

さらに、自民党は昨年5月の成長戦略で、地銀の統合・再編を見越した広域金
融機関の創設を盛り込み、7月には「貸し出しの量的拡大といったビジネスモ
デルは、中長期的に成立しない可能性がある」という非常に厳しい警告も発し
ているます。

これほどまでに地銀の経営環境が圧迫されている原因はとは?
大きな要因は地方の人口減少と高齢化です。
人口が減れば経営基盤となる預金残高が減少し、
預金の取り崩し期に入る高齢化も同様です。

また、収益となる利ザヤ(資金運用益と資金調達コストの差)は、企業の資金
需要減少や銀行間の金利引き下げ競争の激化によって、縮小を続けており、ビ
ジネスモデルが中長期的に成立しない、という金融庁の指摘があるからです。

それに、ネット銀行の存在も軽視できません。

NHK:ネット銀の預金量10兆円超 存在感高める

住信SBIネット銀行:預金総残高3兆7000億円突破! 2015/05/26

日本全国口座開設可能な店舗をまたないネット銀行は地銀にとってライバルになります。
インターナットをする人口が増えれば増えるほどその存在は大きくなります。

正直な話預金者としては、安全でサービスが良い銀行であれば
ネットであれ地銀であれどこでもよいにおですが...。

問題は、新銀行東京の長期間行なわれるキャンペーンが
どうなるかだと思います。

現在は下記が行なわれています。
新銀行東京:特別金利キャンペーン第一弾 2015/05/15~07/31

高金利のキャンペーンが無くなってしまうか心配ですね。


全国から口座開設が可能な銀行の円定期金利比較は、
毎週月曜に更新しています下記参照して下さい。
ネット銀行定期預金金利比較 毎週月曜更新

地方金融機関の高金利は随時更新しています下記参照して下さい。
高金利!地方金融機関まとめ 随時更新

関連記事




住信SBIネット銀行



FC2ブログ 「拍手」 について
FC2ブログに慣れている方はご存知と思いますが、記事の最後に
「拍手」ボタンがあります。 FC2ブログの「拍手」は、その記事が有益だと感じた場合の表現方法の一つです。 「拍手」を押すとカウントが増えて参ります。 これは、「ツイート」や「いいね!」とは違い登録の必要は無く、どなたでも使用できます。 「記事」作成の励みになりますので、気軽に「拍手」お願いいたします。
「お気に入り」登録について
もしウェブブラウザの「お気に入り」に登録して頂けるならば、
http://yokinkinri.blog98.fc2.com/
でお願いいたします。
社債関係のみの場合
「債券」カテゴリー
http://yokinkinri.blog98.fc2.com/blog-category-12.html

※ 「注目社債」カテゴリーは、「SBI債」等独立したカテゴリーを含みません!
※ 2015/01/01 「その他社債」から「注目社債」を分離しました。

⇒comment

Secret

地域別キャンペーン:随時更新
★注目記事
Ads by Google




マネックス証券
お役立ち情報
最近のコメント
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
Banner-B



社債:販売中/販売予定
カテゴリー

openclose

Banner-A




住信SBIネット銀行






楽天銀行



楽天証券 外貨建てMMF



SBI証券



SBI証券



SBI証券


カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索